2018/02/28 更新

2018年2月の記事

jiji_1003-04.png



2月28日 東京五輪・パラのマスコットが決定

 2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が、大会マスコットを発表しました。最終候補の3作品から、全国の小学生の投票で選ぶという五輪史上初の試みで、市松模様が特徴の「ア」が選ばれました。組織委は今後6月をめどに名前を決め、7~8月に公表するとしています。

2月27日 H2Aロケット打ち上げ成功

 H2Aロケット38号機が、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。今回の打ち上げでは情報収集衛星が打ち上げられ、予定通り軌道投入に成功しました。これで運用中の情報収集衛星は合わせて7機となります。

2月26日 学生の本離れすすむ

 全国大学生協連によると、1日の読書時間が「ゼロ」と回答した学生が53%と半数を超えたとのこと。特にアルバイトをする学生に読書時間ゼロが多いとの結果も出ています。逆に平均読書時間は51.1分と前年より2.5分伸びており、読む学生と読まない学生の2極化が進んでいます。

2月25日 男子マラソンで日本新記録

 東京マラソンが行われ、設楽悠太選手が日本人トップの2位でゴールし、2時間6分11秒の日本新記録を樹立しました。日本記録の更新は16年ぶりとなります。

2月24日 認可保育所の落選者が3.5万人

 東京23区と政令市に加え、昨年4月時点の待機児童数が100人以上の計87市区町村を対象に行われた調査のうち、回答を受けた66の自治体で、今春の認可保育所の一次選考で落ちた0~2歳児が約3万5千人だったことが分かりました。但し、施設整備などで不足数を減らした自治体も目立っています。

2月24日 高木菜那とカー娘がメダル獲得

 平昌冬季五輪16日目、スピードスケートの新種目の女子マススタートで高木菜那選手が初代女王に輝き、パシュートに続く2個目の金メダルを獲得しました。また、カーリング女子の3位決定戦で日本がイギリスを下し、同競技で初のメダルとなる銅メダルを獲得しました。

2月23日 年賀はがき62円に

 日本郵便は来年用の年賀はがきの料金を10円値上げして、62円とすることを発表しました。年賀はがき以外の通常のはがきはすでに62円になっており、これではがきの料金が統一されることになります。

2月23日 Jリーグ開幕

 サッカーのJリーグが開幕しました。開幕戦ではJ1のサガン鳥栖対ヴィッセル神戸が行われ、1対1の引き分けに終わりました。開幕戦が平日の金曜日に行われたのは初めてとなります。

2月22日 ホンダジェットが世界1位に

 自動車メーカーのホンダは、同社が手掛ける小型ジェット機「ホンダジェット」の去年1年間の出荷数が43機となり、小型のビジネスジェット機の分野で世界1位になったと発表しました。特にアメリカやヨーロッパを中心に販売を伸ばしているとのことです。

2月22日 野生馬はすでに絶滅していた

 アメリカの科学誌サイエンスに掲載された論文で、現存する最後の野生馬とされていた「プルツワルスキー(モウコノウマ)」は、DNA分析の結果、実際は逃げ出した家畜馬の子孫だとする研究結果が発表されました。これは地球上には生きている純粋な野生馬が存在しないことを示しており、予想外の結果だとしています。

2月21日 俳優の大杉漣さんが急死

 ドラマや映画の名脇役として知られ、バラエティー番組でも親しまれた俳優の大杉漣(れん)さんが急性心不全のため亡くなりました。66歳でした。大杉さんはドラマの撮影終了後、ホテルに戻ってから不調を訴えたとのことです。

2月21日 平昌五輪 女子パシュートで金

 平昌冬季五輪の13日目、スピードスケート女子チームパシュート(団体追い抜き)決勝で、日本(高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃[準決勝は菊池彩花])が五輪新記録で前回優勝のオランダを破り、金メダルを獲得しました。これで日本のメダル数は11個で、冬季五輪最多となりました。

2月20日 新生児死亡率で日本1位

 国連児童基金(ユニセフ)が世界各国の新生児死亡率の報告書を発表しました。日本が1000人当たり0.9人で最も低く、以下アイスランドの1.0人、シンガポールの1.1人と続きました。最も多かったのはパキスタンで、45.6人となっています。

2月18日 平昌五輪 小平が金メダル獲得

 平昌冬季五輪の10日目、スピードスケート女子500メートルの決勝が行われ、小平奈緒選手が五輪新記録で優勝しました。日本のスピードスケート女子の優勝は初めての快挙。なお、今大会の日本のメダル数は、過去最多だった長野五輪の10個に並びました。

2月17日 藤井五段が中学生初の六段に

 将棋の藤井聡太五段が朝日杯オープン戦で優勝しました。15歳6か月での公式戦優勝は最年少記録で、中学生の棋戦優勝は初めて。更に規定により中学生初の六段に昇段し、これも最年少記録となりました。

2月17日 平昌五輪 羽生結弦が連覇達成

 平昌冬季五輪9日目、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプラグラム(SP)首位の羽生結弦選手が金メダルを獲得し、今大会日本勢初の金メダルをもたらしました。羽生選手はフィギュア男子で66年ぶりとなる2大会連覇を達成しました。また、SP3位の宇野昌磨選手が銀メダルを獲得し、日本勢がワンツーフィニッシュを果たしました。

2月16日 金井宇宙飛行士が船外活動

 国際宇宙ステーションに長期滞在している宇宙飛行士の金井宣茂さんが、ステーションの外に出て、およそ6時間にわたる初めての船外活動を行いました。日本人宇宙飛行士が船外活動を行ったのは、2011年の星出彰彦さん以来、およそ5年3か月ぶりで4人目となります。

2月14日 フロリダの高校で銃乱射事件

 アメリカ南部のフロリダ州の高校で銃の乱射事件が発生し、多数の死傷者が出たと地元警察が明らかにしました。犯人は同校の元生徒で、現在警察が拘束し、動機を調べています。

2月14日 平昌五輪でメダルラッシュ

 平昌冬季五輪の6日目で、スピードスケート女子1000メートルの小平奈緒選手、スノーボード男子ハーフパイプの平野歩夢選手、ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルの渡部暁斗選手がそれぞれ銀メダルを獲得しました。平野選手と渡部選手は2大会連続の銀メダル。また、スピードスケート女子1500メートルで銀メダルだった高木美帆選手が1000メートルで銅メダルを獲得し、今大会2個目のメダルとなりました。

2月13日 国民栄誉賞の表彰式

 将棋で「永世7冠」を達成した羽生善治氏と、囲碁で2度の7冠独占を達成した井山裕太氏の国民栄誉賞の表彰式が総理大臣官邸で行われ、安倍総理大臣が表彰状と盾を授与しました。また、記念品として七宝焼きのすずり箱や広島県特産の熊野筆などが贈られました。

2月13日 小中学校の体力テスト結果

 スポーツ庁が小学5年生と中学2年生を対象に行っている全国体力テストの結果を公表しました。それによると、小中女子の平均値が過去最高を更新した一方、男子は小中ともにほぼ横ばいでした。

2月13日 日本選手がドーピング陽性

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、平昌五輪のショートトラック日本代表の斎藤慧選手がドーピング検査で陽性反応を示したと発表しました。今大会のドーピング違反第1号で、日本選手としては冬季五輪で初めてとなります。斎藤選手はドーピングについて否定しているとのことです。

2月12日 平昌五輪 初のメダル獲得

 平昌五輪の4日目、フリースタイルスキーの男子モーグルで、原大智選手が銅メダルを獲得し、今大会日本勢初のメダルをもたらしました。フリースタイルスキー男子では初のメダルとなりました。また、スピードスケート女子1500メートルで高木美帆選手が銀メダル、ノルディックスキーのジャンプ女子で高梨沙羅選手が銅メダルを獲得しました。

2月9日 平昌冬季五輪開幕

 第23回冬季オリンピック平昌大会の開会式が、韓国北東部の平昌の五輪スタジアムで行われ、17日間のスポーツの祭典が開幕しました。過去最多の92か国・地域、2900人超の選手が参加し、7競技102種目を実施します。

2月9日 鹿児島沖に巨大溶岩ドーム

 鹿児島市の南約100キロの沖合にある海底火山「鬼界カルデラ」に世界最大級の溶岩ドーム(直径約10キロ)を確認したと神戸大学などの調査チームが発表しました。「鬼界カルデラ」は約7300年前の巨大噴火で形成されたくぼ地で、南九州の縄文文化を消失させたとされています。

2月9日 北陸で記録的大雪、国道8号線の立往生は解消

 北陸地方で記録的な大雪が続き、各地で大きな被害が出ています。福井県の国道8号線では今月6日から車の立往生が続き、一時は約1500台が動けない状態でしたが、9日の未明に立往生は全て解消されました。

2月8日 囲碁の井山7冠、世界制覇ならず

 囲碁の世界王者を決める国際大会「LG杯」の決勝3番勝負に井山裕太7冠が進出し、大規模な国際大会で日本勢13年ぶりの優勝を目指しましたが、中国の謝爾豪五段に1勝2敗で敗れ、準優勝となりました。「LG杯」は世界王者の座をかけて、日本・中国・韓国などのトップ棋士32人が参加する国際大会です。

2月7日 台湾でM6.4の大地震

 台湾東部を震源とするマグニチュード6.4の地震が発生し、2人が死亡し、日本人を含む200人以上がけがをしました。また、この地震でホテルやマンションが倒壊したり傾いたりする被害が出ており、安否不明の人が多数いることから、死傷者の数が更に増える恐れもあります。

2月6日 眞子さまの結婚が延期に

 宮内庁は秋篠宮家の長女の眞子様と小室圭さんの結婚に向けた行事を延期すると発表しました。来年は天皇陛下の退位や皇太子さまの即位といった重要な行事が行われることから、その一連の行事が終了した再来年に、お二人の結婚とそれに関わる行事を行う見込みとしています。

2月5日 陸自ヘリが住宅街に墜落

 佐賀県神埼市の住宅街に陸上自衛隊のAH64D攻撃ヘリコプターが墜落し、炎上しました。事故原因は分かっていません。この事故で乗組員の1人が死亡、もう1人が行方不明となっています。このほか逃げ出す際に軽傷を負った女の子がいたほかは、住民にけがはありませんでした。

2月4日 イーグルスがスーパーボウル初制覇

 アメリカンフットボールのNFL王者を決めるスーパーボウルが行われ、フィラデルフィア・イーグルスが連覇を狙ったニューイングランド・ペイトリオッツを下し、悲願の初優勝を果たしました。スーパーボウルはアメリカ最大のスポーツイベントで、ハーフタイムショーも非常に高い注目を集めています。

2月3日 世界最小クラスのミニロケット打ち上げ

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)が実験用に開発したミニロケットが、鹿児島県の内之浦宇宙観測所から打ち上げられ、超小型衛星を軌道投入し、打ち上げは成功しました。ロケットは約10メートルと電柱ほどのサイズで、世界最小クラス。世界的な超小型衛星の需要増加に合わせて、ミニロケットの開発も盛んになっています。

2月2日 諏訪湖で5年ぶりに「御神渡り」

 長野県の諏訪湖で、湖面の氷に割れ目が入り筋状に盛り上がる現象「御神渡り(おみわたり)」が、5年ぶりに確認されました。近年は出現が減少傾向でしたが、今年は強い寒波の到来で「御神渡り」の出現が期待されていました。

2月1日 藤井五段誕生

 将棋の最年少プロ棋士で、史上最多の29連勝の記録を持つ藤井四段が、第76期名人戦順位戦のC級1組へ昇級し、規定により五段へ昇段しました。中学生が五段に昇段したのは初めてで、現行制度では最年少記録となります。

授業の様子
オンラインゼミとは? こども英会話の授業 小学生の授業 中学生の授業
コース紹介
  • こども英会話
  • 小学講座
  • 中学講座
  • 高校講座
みんなの声
  • 受講者の声
  • 先生からのメッセージ

体験お申し込みはこちら

資料ダウンロード

0120-937-380 受付時間 9:30~20:00(日曜/月曜 祝祭日を除く)