2018/07/31 更新

2018年7月の記事

jiji_1003-04.png



7月31日 スウェーデン王室の王冠が盗難

 スウェーデンの首都、ストックホルム近郊のストレングネス大聖堂に展示されていた、同国王室の王冠などが盗まれました。盗まれたのは17世紀に使用された王冠2つと宝珠1つで、大聖堂で一般公開されていました。

7月31日 小池都知事が豊洲市場の安全宣言

 東京の築地市場の豊洲への移転が土壌汚染などで延期になっていた問題で、安全性確保のための追加工事などが完了したことを受け、小池都知事が豊洲市場の安全宣言を行いました。これにより10月11日の開業に大きく前進したことになります。

7月30日 東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出統括に野村萬斎さん

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、五輪・パラリンピックの開閉会式の演出統括「チーフ・エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター」に狂言師の野村萬斎さんが就任することを発表しました。また、五輪の統括に映画監督の山崎貴氏、パラリンピックの統括にCMディレクターの佐々木宏氏の就任もあわせて発表されました。

7月29日 玉竜旗高校剣道大会

 平成30年度玉竜旗高校剣道大会の最終日が福岡市博多区のマリンメッセ福岡で行われ、男子は島原(長崎)が5連覇を狙った九州学院(熊本)を破り、6年ぶり2度目の優勝を果たしました。一方、26日に行われた女子決勝では中村学園女子(福岡)と守谷(茨城)が対戦し、中村学園女子が3年連続7回目の優勝を果たしました。

7月28日 皆既月食、各地で観測

 今年2回目の皆既月食が、天候に恵まれた九州・沖縄地方で観測されました。今回の月食は15年ぶりに大接近中の火星も月の近くで輝いており、貴重な天体ショーとなりました。次の皆既月食は2021年5月26日にあります。

7月27日 巨人山口がノーヒットノーラン達成

 プロ野球巨人の山口俊投手が、中日を相手に史上79人目通算90度目のノーヒットノーランを達成しました。セ・リーグでは2013年の中日・山井大介投手以来、巨人の選手としては2012年の杉内俊哉投手が達成して以来となります。

7月26日 サッカー日本代表新監督に森保一氏

 日本サッカー協会は、日本代表の新監督に森保一(もりやす はじめ)氏が就任することを発表しました。森保氏は東京五輪代表の監督も務めており、フル代表と五輪代表の監督を兼任することになります。

7月26日 オウム真理教事件の残る死刑囚に刑執行

 オウム真理教による事件に関わったとして、死刑判決を受けていた教団元幹部ら6人に対する刑が執行されました。これで教団による事件で死刑となっていた13人全員の刑執行が終わりました。

7月24日 金鷲旗高校柔道大会

 平成30年度金鷲旗高校柔道大会の最終日が福岡市博多区のマリンメッセ福岡で行われ、男子では国士舘(東京)が天理(奈良)を下し、2年ぶり10回目の優勝を果たしました。また、23日に行われた女子の決勝では、南筑(福岡)が大成(愛知)を下して2連覇を達成しました。

7月24日 西日本豪雨による被害「激甚災害」に指定

 西日本を中心に発生した、梅雨前線の影響による豪雨災害による被害について「激甚災害」に指定されることが、24日の閣議によって決まりました。激甚災害に指定する政令は7月27日に施行される予定です。

7月23日 埼玉県熊谷市で41.1℃

 埼玉県熊谷市で41.1℃を記録し、国内最高記録を5年ぶりに更新しました。これまでの記録は2013年8月、高知県四万十市の41.0℃。また23日は東京都青梅市、山梨県甲府市、岐阜県多治見市でも40℃を超えました。東京都で40℃以上となるのは観測史上初めてです。

7月22日 大相撲名古屋場所、御嶽海が初優勝

 大相撲名古屋場所が千秋楽を迎え、14日目に初優勝を決めた関脇御嶽海は平幕の豊山に破れ、13勝2敗で終えました。御嶽海は平成生まれの日本出身力士として初めての優勝で、初土俵から21場所目での優勝は1958年以降3番目の速さとなります。

7月22日 東京五輪・パラリンピック、マスコット名決まる

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、大会マスコットの名前を五輪が「ミライトワ」、パラリンピックが「ソメイティ」に決定したと発表しました。

7月20日 カジノ解禁へ、IR法成立

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法が、参議院本会議で自民、公明、日本維新の会などの賛成多数で可決・成立しました。今後2年をめどに基本方針を策定し、誘致を目指す都道府県などから「区域整備計画」を募り、整備区域を選定していくとしています。

7月19日 デニス・テン選手が暴漢に襲われ死去

 2014年ソチ五輪フィギュアスケート男子の銅メダリスト、カザフスタンのデニス・テン選手が同国のアルトマイ市内で暴漢に襲われ、死亡しました。テン選手はカザフスタンにフィギュアスケート初のメダルをもたらした英雄で、突然の悲劇に世界中から悲しみのコメントが寄せられています。

7月18日 芥川賞と直木賞の受賞者発表

 第159回芥川賞と直木賞の選考会が行われ、芥川賞に高橋弘希さんの「送り火」、直木賞に島本理生さんの「ファーストラヴ」がそれぞれ選ばれました。高橋さんは4回目の候補での受賞、島本さんはこれまで芥川賞で4回候補になっており、直木賞は2回目の候補での受賞となりました。

7月18日 岐阜県で気温40℃超え

 岐阜県多治見市で気温40.7℃、美濃市で40.6℃を記録しました。国内では平成25年8月13日に高知県四万十市西土佐で気温40℃を記録して以来となります。今後もしばらく猛暑が続く見込みで、熱中症への厳重な警戒が呼びかけられています。

7月18日 サッカー本田選手が米俳優とファンド設立

 サッカー日本代表の本田圭佑選手が、アメリカの俳優ウィル・スミスさんと組んで、ベンチャー投資ファンド「ドリーマーズ・ファンド」を設立し、ベンチャー企業出資に乗り出すことが分かりました。創業から間もない「スタートアップ」と呼ばれる企業に出資することを目指しており、日本からは野村ホールディングスも参加することになっています。

7月17日 羽生二冠敗れ、通算100期はお預け

 将棋の八大タイトルのひとつ、「棋聖戦」の最終第五局で羽生善治二冠が敗れ、挑戦者の豊島将之八段が初めてのタイトルを獲得しました。羽生二冠はタイトル獲得通算100期を目前に足踏みとなりました。また、羽生二冠が竜王のみの一冠に後退したことで、複数のタイトルを同時に持つ棋士がいなくなりました。これは昭和62年以来、31年ぶりとなります。

7月17日 日本とEUが経済連携協定に署名

 日本とヨーロッパ連合(EU)は、関税の撤廃や引き下げを定めた経済連携協定(EPA)に署名しました。発効すれば、世界の国内総生産(GDP)の3割、貿易総額4割を占める巨大自由貿易圏が誕生することになります。また、安全保障や気候変動など幅広く協力していく「戦略的パートナーシップ協定」(SPA)にも署名しました。

7月15日 ウィンブルドン ジョコビッチ復活優勝

 テニスの四大大会のひとつ、ウィンブルドン選手権の男子シングルス決勝で、ノバク・ジョコビッチがケビン・アンダーソンを破り、3年ぶり4度目の優勝を果たしました。四大大会では2年ぶりの優勝で、歴代単独4位の通算13勝目。また、車いすの部女子ダブルスで、日本の上地結衣が5年連続5度目の優勝を果たしました。

7月15日 W杯 フランスが2度目の優勝

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会、決勝で20年ぶり2度目の優勝を目指すフランスと初優勝を狙うクロアチアが対戦し、4対2でフランスが勝ちました。フランスは自国開催だった1998年以来2度目の優勝。クロアチアは優勝は逃したものの98年の3位を上回る過去最高成績となりました。MVPにはクロアチアのモドリッチ選手が選ばれ、6ゴールを挙げたイングランドのケーン選手が得点王に輝きました。

7月13日 演出家の浅利慶太さん死去

 劇団四季の元代表で演出家の浅利慶太さんが悪性リンパ腫のため都内の病院で亡くなりました。85歳でした。浅利さんは慶応義塾大在学中の1953年に劇団四季を創立し、以降は劇団代表や演出家として「キャッツ」や「ライオンキング」など多くの作品を手掛けてきました。2014年に劇団四季を離れましたが、それ以降も精力的に演劇活動を行っていました。その活動は高く評価され、国内外で多くの賞を受賞しています。

7月13日 キラウエア火山の噴火で新島出現

 アメリカのハワイ州ハワイ島で続いているキラウエア火山の噴火によって、同等の沿岸部に小さな島が出現しました。海に流れ込んだ溶岩が、圧力で海上に押し上げられたことが原因と見られています。新島は今後ハワイ島につながる可能性が大きいものの、そうでなければ波で浸食されて消滅する可能性もあるとしています。

7月13日 ウィンブルドンで6時間半の熱戦

 テニスの四大大会のひとつ、ウィンブルドン選手権の男子シングルス準決勝の第一試合で、大会史上2番目となる6時間36分にわたる熱戦が繰り広げられました。試合は南アフリカのケビン・アンダーソン選手がアメリカのジョン・イズナー選手を下しました。ちなみに最長記録は2010年の一回戦、今回の試合を戦ったイズナー選手とフランスのニコラス・マウート選手が対戦した試合で、11時間5分でイズナー選手が勝利しています。

7月12日 遠い銀河からのニュートリノの観測に成功

 千葉大学など、12カ国の研究者からなる国際研究チームが、南極に設置された装置で、地球から約40億光年離れた銀河から到達した素粒子のひとつ「ニュートリノ」の観測に成功したと発表しました。太陽系外からのニュートリノの観測は1987年に岐阜県の「カミオカンデ」で観測されて以来2例目で、ブラックホールの活動に迫る成果と注目されます。

7月11日 世界文化賞にカトリーヌ・ドヌーブさんら5人が選ばれる

 世界の優れた芸術家に贈られる「高松宮殿下記念世界文化賞」が発表され、フランスの女優、カトリーヌ・ドヌーブさんや彫刻家の中谷芙二子さんなど5人が選ばれました。同賞は日本美術協会によって、絵画や建築など5つの分野で活躍する芸術家に贈られています。

7月10日 タイの洞窟遭難 全員救出成功

 タイのタムルアン洞窟に閉じ込められていた少年らの救出が8日から始まり、10日に13人全員の救出が完了しました。行方不明になってから18日目のことでした。13人の命に別状はなく、今後体力の回復を図るためしばらく入院するとのことです。

7月10日 出光と昭和シェルが経営統合へ

 石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油は、来年4月に経営統合することを発表しました。石油元売りでは、JXTGホールディングスに次ぐ、国内2位の企業となります。ブランド名は「出光昭和シェル」となる見込みです。

7月9日 西日本豪雨 平成最悪の被害

 活発な梅雨前線による西日本豪雨は、各地で深刻な被害をもたらしました。9日までに死者は12府県で126人に上り、安否不明者も6府県86人となっています。今回の豪雨による死者・行方不明者数は1982年の長崎大水害に次ぐ被害で、平成で最悪となりました。気象庁は今回の豪雨を「平成30年7月豪雨」と名称を決定し、発表しました。

7月6日 各地で記録的大雨、被害相次ぐ

 梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、西日本を中心に記録的な大雨となり、各地で洪水や土砂崩れなどの被害が相次ぎました。九州北部や、中国四国地方では「大雨特別警報」が出され、最大限の警戒を呼びかけました。翌7日に九州地方の特別警報は解除されましたが、雨の範囲は東に移動し、岐阜、京都、兵庫、岡山などに「大雨特別警報」が出され、大雨に対する警戒が続いています。

7月6日 オウム真理教の死刑囚に死刑執行

 法務省はオウム真理教、元代表の麻原彰晃、本名・松本智津夫死刑囚ら教団の元幹部7人の死刑を執行したと発表しました。

7月4日 エンゼルス大谷が復帰

 大リーグ(MLB)エンゼルスの大谷翔平選手が、右ひじの怪我から約1ヶ月ぶりに試合に復帰しました。6番・指名打者で先発出場しましたが、4打数無安打に終わりました。大谷選手のピッチャーとしての復帰は、約2週間後に受ける検査の結果をもとに判断される予定です。

7月3日 W杯 サッカー日本代表8強ならず

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーと対戦し、2対3で敗れました。日本は後半開始早々、立て続けに2点を奪いましたが、以降は防戦一方となり、同点とされた後、後半終了直前に勝ち越しを許し、力尽きました。

7月2日 桂歌丸さんが死去

 「笑点」のレギュラーを長く務め、多くの人に親しまれてきた落語家の桂歌丸さんが肺疾患のため、横浜市内の病院でなくなりました。81歳でした。歌丸さんは1966年に「笑点」スタート時から大喜利レギュラーとして活躍し、2006年からは司会を務めましたが、近年は怪我や病気で入退院を繰り返していました。

7月2日 タイの洞窟で不明の13人見つかる

 タイのタムルアン洞窟で6月23日以降に行方不明になっていた地元サッカーチームの少年12人と男性コーチの計13人全員が、洞窟内で捜索隊の英国人ダイバーによって無事発見されました。今後増水した水の状況をみて救助活動を行うとしています。

授業の様子
オンラインゼミとは? こども英会話の授業 小学生の授業 中学生の授業
コース紹介
  • こども英会話
  • 小学講座
  • 中学講座
  • 高校講座
みんなの声
  • 受講者の声
  • 先生からのメッセージ

体験お申し込みはこちら

資料ダウンロード

0120-937-380 受付時間 9:30~20:00(日曜/月曜 祝祭日を除く)