2019/11/14

長期休みの宿題が終わらない・・・どうすればいい?~高校数学~

 よく生徒さんから、「夏休みや冬休みの宿題が多すぎて、とてもじゃないが終わらないです。どうしたいいですか??」という相談を受けます。長期休み、つまり夏休みや冬休みには(高校にもよりますが)結構な量の宿題が出されます。特に多いのが数学・英語です。

 

1114.jpg

 

 数学の宿題は実際どんなものが出されるかというと、「分厚い問題集の○ページから△ページまで」だとか、「ぎっしり問題が書かれたプリントの束」のような形式が多いと思います。しかも、この問題が結構難しい!そのため、わからない問題が出てくるとその都度手が止まってしまいます。そんなことが何度か続くと、気が付けば長期休みの終わりまで、あと数日しかない!こんなことが、多くの高校生を悩ませています。

 

 Fitオンラインゼミ高校講座の詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/course/high-school.html

 

 

▼なぜ、長期休みの宿題は難しいのか?

 普段の学習、つまり長期休み以外の学習というのは、『教科書にのっている基本を理解するための学習』です。これに対し長期休み学習は、『基本がおさえられていることを前提の、応用力を鍛える学習』であるといえます。基本がおさえられていることが前提といっても、それができている人のほうが少ないのが現実です。だから難しいと感じる問題が多くなるのです。適当にやってしまえば終わるでしょうが、それでは成果が得られませんよね。かといって全部完全に理解して終わらせるには時間も膨大にかかりますし、もちろん他の教科の勉強や、部活動の時間、余暇の時間だって必要です。高校生ですから!

 

 

▼では、どうしたら良いのか!?

 まず、長期休みを3つの期間に分けてください。期間は均等とは限りません。あとで説明しますが、数学が得意か苦手か、また宿題の難易度や問題量によってもバランスをとる必要があります。

 

 

▽第1期:出された問題をひと通り、解き切ってみる

 このとき大事なのは、参考書などを調べず、自力で解き切ることです。その代わり、分からないところはどんどんとばしてしまいましょう。目安は5分手が止まったらとばすくらいで十分です。そして、ひと通りやりきったところで(あるいは単元ごとでもOKです)、解答を見て○付けをしましょう。このとき、

 

 正解→○

 まったく分からなかったところ→×

 もう少しでわかりそうなところ→△

 

 このようなマークを付けていきましょう。○印は自力で正解したのですから、理解はできている。つまり、それ以上時間を割かなくてもよいところということです。×印は今の力では、まだ太刀打ちができない、もう少し実力が付いてから取り組むべき問題ということです。ここに時間をかけすぎるのも、効率が悪くなります。△印が付いた問題。これこそが、今あなたが力を入れて勉強すべき問題です。

 つまり、この長期休みの努力目標を、『もう少しで理解出来そうな問題』『曖昧になりがちな問題』に絞りこむことが第1期でやることなのです。ここで、数学が苦手だったり、宿題の難易度が高い場合、△や×の問題量が増えてしまいます。そういうときは、なるべく第1期を短めに設定しておきましょう。

 

 

▽第2期:△印の問題を、参考書で調べたり、Fitの先生に質問したりして、理解を進める

 先ほど述べた通り、△印の問題を理解することがこの長期休みの目標ですから、時間的にも少し長めの期間をとるようにしましょう。とにかく、△印だけは妥協なく納得するまで勉強してください。

 

 

▽第3期:残った×をできる限り理解していく期間

 第2期で△印の問題を理解できたら、もしかすると×印の問題が分かるようになっているかもしれません。もしも長期休みの宿題の提出期限が迫ってきていても、心配はいりません。△印の問題を理解するという目標は達成できています。十分休み前より成長しているわけです。×印の理解は、次の機会に回しても構わないので、提出できる状態にしましょう。

 

 Fitオンラインゼミ高校講座の詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/course/high-school.html

 

 数学は比較的、英語や国語よりも、○×△の判断をつけやすい教科だと思います。もうすぐ、冬休みです。こんなやり方で充実した学習をしてみてはいかがでしょうか。

 

 Fitオンラインゼミの詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/about/

授業の様子
オンラインゼミとは? こども英会話の授業
コース紹介
  • こども英会話
  • 小学講座
  • 中学講座
  • 高校講座
みんなの声
  • 受講者の声
  • 先生からのメッセージ

体験お申し込みはこちら

資料ダウンロード

0120-937-380 受付時間 9:30~20:00(日曜/月曜 祝祭日を除く)