2019/11/20

現代文の勉強方法①「正解の根拠」を見つける!

 英語や数学と比べて、現代文の勉強で困っているという生徒さんは、多くはないかもしれません。なぜなら、「日本語なんだから、読めばわかる。勉強しなくても何とかなる」と、皆さん思っているからです。

 確かに、外国語のように知らない単語が出てくるわけでも、数学のように公式や記号の意味を知らないと解けないわけでもありません。そう考えると、「現代文より先に別の教科を勉強した方がいいのかも...?」と思ってしまうのも無理はありません。

 

 しかし、現代文は短期間で成果を出すのが難しい科目です。つまり、入試直前に追い込みがかけづらい科目ということです。

 

 Fitオンラインゼミの詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/about/

 

 

▼現代文「黄金のルール」

 数学の公式や、英語の文法ルールのように、実は現代文にもルールがあります。問題を解くときに絶対に忘れてはならない、これさえ知っていれば必ず正解にたどり着ける黄金のルールです。それは...

 

 「どのような文章にも、必ず本文中に正解の根拠がある」ということ!

 

 「日本語なんだから、読めばわかる」というのは、ある意味正解なのです。

 

 では、「正解の根拠」とはどのようなものなのか、実際に例文で見ていきましょう。

 

1120.jpg

 

 

▼「正解の根拠」とは?

 現代文で扱われる長文は、大きく分けて「評論」「随筆」「小説」の三つの種類があります。今回は「小説」を例にして話をしましょう。

 

 「太郎が花子にフラれたのは、よく晴れた日のことだった。

  立ち去る彼女の後姿が青空に映えていたのを、

  太郎は見つめることしかできなかった。」

 

 このときの太郎の心情を説明する言葉を、本文中から根拠をもって二つ、答えてください。

 

答えは以下の通り

・悲しさ

 根拠は1行目の「フラれた」です。これは簡単ですね。

・虚しさ(「無力さ」でも可)

 根拠は天候の描写です。登場人物の「悲しさ」に反するように「晴れ」「青空」が描写されているからです。また、「見つめることしかできない」という表現にも無力さが現れています。

 

 では、もし本文が以下のようだったらどうでしょうか。「虚しさ(無力さ)」の代わりに、どのような心情が読み取れますか?

 

 「太郎が花子にフラれたのは、激しい雨の降る日だった。

  立ち去る彼女の後姿が土砂降りの雨にけぶって、

  太郎にはよく見えなかった。」

 

答え

・強い不安や絶望

 「激しい雨」とあることから、最初の文章より強い心情であることがわかります。「不安」の根拠は「雨にけぶって」「よく見えなかった」です。

 

 ここでは天候の描写が「正解の根拠」となっています。このように、登場人物の心情を、情景など他のものに託すことを「象徴」と言います。

 なぜそんなことをするのか。読者の心に残すためです。「太郎はフラれて悲しかった」と書いてしまっては、「ふーん、あっそう」で終わってしまいます。言葉を尽くして、情景や天候や表情を描写することで読者にその場面をリアルに想像させ、心に残す。この表現手法を逆手に取って、小説の問題を解くときの「正解の根拠」の見つけ方がひとつわかります。すなわち、

 

 ☆小説の情景描写には、登場人物の心情が象徴されている!

 

 Fitオンラインゼミ高校講座の詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/course/high-school.html

 

 

 

▼本文中から正解の根拠を見つける

 先ほど、小説では「太郎は悲しかった」なんて単純な表現では読者の心に残らないと書きましたが、以下のような場合はどうでしょうか。

 

 「花子にフラれた。

  太郎は悲しかった。

  財布の中身は空っぽだ。

  太郎は悲しかった。」

 

 「太郎は悲しかった」という同じ表現を繰り返すことで、読者の心に残すという表現手法です。繰り返すことで悲しみが深まっていることを表現している、と読み取ることができます。一つ目の「悲しかった」と二つ目の「悲しかった」の違いを説明する問題が出ることもあります。

 

 ★同一表現や繰り返し表現には注意する!

 

 Fitオンラインゼミ高校講座の詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/course/high-school.html

 

 

 

▼まとめ

 このように、本文中から正解の根拠を見つけるコツは、他にもたくさんあります。Fitオンラインゼミ高校講座の集団授業「現代文」ではこのコツを確認し、読解問題で本文から根拠をもって答えを出す練習をしています。

 現代文のルールを使いこなすには時間がかかります。「日本語なんだから、読めばわかる」と後回しにせずに、Fitオンラインゼミで早めに現代文の対策をしてみてください。

 

 Fitオンラインゼミの詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/about/

授業の様子
オンラインゼミとは? こども英会話の授業
コース紹介
  • こども英会話
  • 小学講座
  • 中学講座
  • 高校講座
みんなの声
  • 受講者の声
  • 先生からのメッセージ

体験お申し込みはこちら

資料ダウンロード

0120-937-380 受付時間 9:30~20:00(日曜/月曜 祝祭日を除く)