2019/11/27

偏差値〇〇からの大逆転なんて本当にあるの?

▼「偏差値〇〇からの大逆転

 なんてフレーズ、皆さんもどこかで聞いたり、目にしたことはありませんか。塾や予備校のCMとかでもたまに目にしますよね。やはり皆さんが注目するのは、破天荒なキャラクターが奇想天外な方法で大きな壁を乗り越え、合格を勝ち取るところではないでしょうか。

 そういう物語は痛快です。しかし、一方で「そんなうまい話があるの?」と思う人もいるでしょう。確かに周りを見渡しても、そんな大逆転を経験した人っていませんよね。実際にそんな大逆転は起こらないのでしょうか。

 

 私の経験上、それは起こりました。

 

1127.jpg

 

▼現状と目標の差を知る

 以前担当させていただいたAくんの話です。Aくんと私の出会いは、Aくんが高校1年の初秋だったと記憶しています。Aくんの通う高校は、毎年国公立大学に10人から20人ぐらいが進学する高校ですので、いわゆる『超進学校』とは言えない地方の公立高校でした。担当した当初の状況は、志望校は『国公立大で建築学が学べるところ』、成績は、進研模試で『偏差値37』でした。もちろんこの成績では国公立大はおろか、私立でも合格できるところは限られてしまいます。

 

 しかし、ここからAくんの大逆転劇がはじまるのです。

 Aくんと私が、まずしたことは、『現状と目標の差を知る』ことでした。実はAくんは、「高校生が国公立の大学に挑戦する」ということが、「中学生が公立の高校に挑戦する」のと同じくらいのハードルの高さだと思っていたのです。驚く人もいると思いますが、このように考えているお子様・保護者の方は、実は少なくありません。そこで、まずは『模試の偏差値』と『センター試験の得点率』を示し、現状と目標の差を実感してもらいました。

 

 Aくんの場合、現状:偏差値37 ⇒ 目標:偏差値:58

 模試の得点率20% ⇒ センター試験の得点率68%以上

 

 皆さんも現状・目標の確認をするときは、偏差値だけでなく、得点率にも注目してみてください。偏差値だけだと「あ~なんか足りてないな~」ぐらいにしか感じません。得点率にすれば、あと何点(%)取らなくてはならないかが一目でわかります。

 

 Fitオンラインゼミ高校講座の詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/course/high-school.html

 

 

▼中・長期目標と学習方針を決める

 もちろん、この現状と目標の差を見て心が折れてしまう人もいるでしょう。しかし、Aくんの場合は違いました。建築士になりたいという夢が、彼をあきらめさせなかったのです。

 

 次にAくんと私は、中期目標を立てました。

 

 1年の終わりまで:偏差値45 

 ⇒ 2年の終わりまで:偏差値53 

 ⇒ 最終目標:偏差値58

 

 このような、中・長期目標を立てることは、モチベーションを維持するうえで重要です。Aくんのように、現状と目標の差がかなり離れている場合、どうしても目先のテストなどで失敗したとき、「今やっている勉強法が間違っていたのでは⁉」などと不安になることがあります。でも、中・長期的目標であれば少しの失敗でも次のテストで挽回すればいいのです。当然テストでできなかったところをそのままにしてはいけません。ですので、

 

 定期テスト・模試の前は、その対策。

 テストが終われば、「間違い=自分の弱点」を復習。

 長期休みには、「自分の弱点」を中心に再復習。

 

 このような方針を立てれば、日々の学習で何をやるかも具体的に決まってきます。こうして、1か月単位で進捗状況を確認しながら学習を進めました。

 

 Fitオンラインゼミの詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/about/

 

 

▼変化

 Aくんはコツコツと勉強に励みました。Aくんが素晴らしかったのは、その日やると決めたことを必ずやりきったということです。3年の入試の日まで、1日もさぼらずにです‼Aくんは運動部に入っていたので、きつい日もあったと思います。それでも彼はやり切りました。そのかいもあり、変化は早く現れました。なんと「1年の終わりまで偏差値45」の目標をクリアし、偏差値48まで上げてきました。これには当の本人もびっくりです。ここまで大きく成績を上げられた要因は、今まで中途半端にしてしまった、「テスト後の復習」が徹底できたことです。これによってAくんのモチベーションはかなり上がったように思えました。その後も2年の終わりまでの目標、偏差値53もクリアし、いよいよAくんも3年生になりました。

 

 Fitオンラインゼミ高校講座の詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/course/high-school.html

 

 

▼いよいよ受験本番!

 2年まで順調に成績を伸ばしてきたAくんでしたが、3年生になり少し伸び悩みを迎えます。基本は理解出来てきましたが、やはり応用となると、どうしても理解に時間もかかり、ペースが落ちてしまいました。結局、最終目標の偏差値58には少し届かず、偏差値56で、センター試験を迎えることになりました。正直、最後の模試で目標に届かなかったわけなので、Aくんも不安があったはずです。しかし、その最後の模試から、センターまでの間も、Aくんは毎日やるべきことをやり遂げました。そして、センター試験本番で踏ん張り、何とか志望校のB判定ラインぎりぎりの得点をとることに成功しました。こうなれば、2次試験は得意な物理と数学です。1月後半から2月末まで、志望校の傾向に沿った問題を集中的に演習しました。2次試験でも、自分のすべてをだしきりました。そして合否の発表の日、Aくんから「合格した!」という連絡をいただいたのです。

 

 確かにAくんのような大逆転が、すべての人に起こるとは限りません。しかし、私がAくんから学ばせていただいたのは、

 ①あきらめないこと

 ②決めたことをやりきること

です。当たり前のことかもしれません。でも受験でもなんでも大事なのは、この当たり前をやりきることではないでしょうか。

 Aくんも、すでに大学を卒業し社会人になっていると思います。私は思います。あの時の受験の合否にかかわらず、きっとAくんはやるべきことを妥協しない立派な大人になっているだろうと。

 

 Fitオンラインゼミの詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/about/

授業の様子
オンラインゼミとは? こども英会話の授業
コース紹介
  • こども英会話
  • 小学講座
  • 中学講座
  • 高校講座
みんなの声
  • 受講者の声
  • 先生からのメッセージ

体験お申し込みはこちら

資料ダウンロード

0120-937-380 受付時間 9:30~20:00(日曜/月曜 祝祭日を除く)