2020/01/11

受験生必見!?頭が良くなる食べ物を大紹介!!

 もっと頭が良くなりたい!!」...今までに、皆さんはそう思ったことはないでしょうか。もちろん、努力(勉強)をしなければ成績は上がりませんが、もし食べ物で体の内側からも学力を磨けたら最高ですよね!

 ...ということで今回は、「頭が良くなる(と言われている)食べ物」を紹介しちゃいます。

 

 

 Fitオンラインゼミの詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/about/

 

 

(1)ブドウ糖

 

 ブドウ糖は脳の大事なエネルギー源です。これが不足すると、落ちつきがなくイライラしてしまい、勉強の効率が大きく低下してしまいます。脳を活性化させるためには適度な糖分が必要不可欠です。

 

 ブドウ糖を含む食品の例:ご飯、チョコレート、あんこ、など

 

 

(2)カフェイン

 

 カフェインには脳を刺激して記憶力を強化したり、記憶の定着を助けたりする働きがあると言われています。暗記系の勉強をする前にカフェインを含む飲み物などを飲むと、効率良く覚えられるかもしれませんね。

 0111.jpg

 カフェインを含む食品の例:コーヒー、お茶、ココア、など

 

 

(3)DHA

 

 DHAは「頭が良くなる成分」として有名ですね。DHAには脳の神経の再生・保護する働きや、脳の神経伝達をなめらかにする働きがあるそうです。DHAは青魚に多く含まれますが、調理法によって量が変わり、焼き魚→揚げ魚→刺身の順でDHAの量が多くなります。

 

 DHAを含む食品の例:さんま、あじ、さば、あなご、など

 

 

(4)αリノレン酸

 

 αリノレン酸は体内に入ると、一部がDHAなどに変化します。このαリノレン酸は植物性の油に含まれるので、青魚が苦手な人はこちらを摂取するのもいいかもしれませんね。

 

 αリノレン酸を含む食品の例:くるみ、菜種油、えごま、大豆油、など

 

 

 Fitオンラインゼミの詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/about/

 

 

(5)その他

 

・クルクミン酸

 ...カレーなどに含まれる着色成分の一種です。集中力や記憶力の向上に効果があると言われています。

 

・レシチン

 ...大豆や卵などに含まれる成分です。脳細胞の構成物質の1つで記憶力、判断力、集中力を増大させる働きが知られています。

 

 

(6)番外編

 

 DHAやαリノレン酸は「オメガ脂肪酸」の一種で脳の働きを始め、健康にも良いとされています。しかし、スナック菓子や菓子パン、ケーキなどに多く含まれる「トランス脂肪酸」は多く摂りすぎると記憶力などに悪影響を与えると言われています。スナック菓子ばかり食べている人は少し控えた方が勉強のためにも良いかもしれませんね。

 

 

...いかがだったでしょうか?

 今回は頭が良くなる(と言われている)食べ物を紹介しました。今回紹介した食べ物で学習効果もUPするかもしれません。ただ、何事もやり過ぎは逆効果です。これらの食べ物を摂ることを意識しながら、バランスの良い食事を心がけて下さいね!

 

 Fitオンラインゼミの詳しいシステムは下のリンクから《2週間の無料体験受付中!》

 →http://www.onlinezemi.com/about/

授業の様子
オンラインゼミとは? こども英会話の授業
コース紹介
  • こども英会話
  • 小学講座
  • 中学講座
  • 高校講座
みんなの声
  • 受講者の声
  • 先生からのメッセージ

体験お申し込みはこちら

資料ダウンロード

0120-937-380 受付時間 9:30~20:00(日曜/月曜 祝祭日を除く)